ボランティアステーションは、熊本地震を契機に学生のボランティア活動を支援するために大学が設置したもので、通称『ボラステ』と呼ばれています。

ボラステには現在、『仮設支援ユニット Unité』『県大防災プロジェクトユニット』『未来創士』『チャリティーサンタ熊本支部』『Maple Leaves』『ぷくはび』の6つの団体が所属しています。

また熊本県立大学には『たべラボ』という団体もあり、メインとする活動内容は違いますが、時にボランティア活動も行っています。

それぞれの団体ごとに活動の目的・目標は様々ですが、ボラステ専属の職員をはじめとした教職員のサポートを受けながら、精力的に活動をしています。

また、所属団体合同のイベントも開催しています。毎年4月には新入生歓迎イベント『ボランティアフェア』、毎年2月には団体の学生以外も参加OKの『バレンタインフェア』を開催していますので、機会があればぜひお越しください!

 ボランティア活動とは、以下の条件に該当する活動です。

1.公益性・公共性が高い活動

2.営利を目的としない活動

----------------------------------------------------

 ボランティア活動は、公共福祉の観点から共助精神の涵養に資するものとして極めて意義深いものです。社会福祉に限らず、教育、文化、スポーツ、国際交流、環境問題など、幅広い活動への取り組みを通じて、授業だけでは学べない多くのことを体験でき、自己形成の上で極めて重要です。学生の自主性、社会性を育む上で、大変有意義な活動であり、本学では積極的に応援していきたいと考えています。本学は学生が自主的に参加するボランティア活動を通じて、より充実した学生生活を送ることを期待します。

----------------------------------------------------

本学は、以下のようなボランティア活動について積極的な情報発信を行います。

1.安全と認められる活動

2.ボランティア活動保険に加入できる活動


また、次のような活動は紹介できません。

1.危険を伴うもの、人体に有害なもの、法令に違反するもの、教育的に好ましくないもの、政治的・宗教的なもの

2.活動時間が午後10時から午前7時までにかかる場合

ボランティアステーションでは、学生がボランティア活動を滞りなく行えるようにするために、教職員のサポート以外にも様々な支援を行っています。

<ボラステが提供しているもの>

・ボランティアの募集情報(こちら

・ボランティアステーションの教室の使用

・長靴、ヘルメット、ゴーグル等の貸し出し

【熊本県立大学 グローカル棟 1階プロジェクト室F】

グローカル棟内、階段のさらに奥にあります!

職員が常駐(平日 11:00〜17:00)していますので、お気軽にお越し下さい!